FC2ブログ

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://kisousya.blog63.fc2.com/tb.php/603-8547c6ce

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

2018年10月13日ー最後に残るもの、実はわかっていない

 2010年、本を出版した後で、キンドルだけでなく、ソニーの「リーダー」、シャープの「ガラパゴス」などの電子書籍端末も発売され、電子書籍の時代が来て、紙の本はなくなるのではないかという危機感を持った。
 その後、自分自身が、キンドルを購入し、iPadや携帯でも、購入した電子書籍をずいぶん読んだ。本を増やして、検索もできない状態で本に埋もれて暮らすのは愚かなことだと思うようにもなっていた。そして、熊本地震。郷里熊本に戻っていた私は、その被害を直接に受けた。天井までぎっしりと詰め込んでいた本棚は倒れ、本は本震前までは寝ていた部屋に散らばった。不幸中の幸いで、前震があった日に、物を置いていない座敷に移動したので、最悪の難は逃れたわけだが。以来、「読みもしない本に押しつぶされて死ぬのだけは嫌だ」と思い、散らばった本は一旦屋外に出した。出した半分は、雨に見舞われ、使用不能となり、処分した。それで、その後購入する本はなるべく電子書籍にしている。
 やはり、今後は、電子書籍の時代か・・・・と思っていたところ、先日、ジオシティーズ終了の知らせが来た。希窓社のホームページは、独自ドメインを取得し、ジオシティーズで作っている。友人にも、使い勝手が良いので紹介もしていた。家族のグーグルアルバムにも、10年分くらいの写真が蓄積されているが、それも終了するという。電子データと言うのはサーバーの一方的な都合で、消されるのだということを思い知らされた。ならば、SDカードなり、ハードディスクなりに保存すればよいと最初は思ったが、調べてみると、磁気的なデータ、電子データの保存期間は、4~5年くらいのもので、書き換えて行かなければ、消える、蒸発するということが分かった。(それを知らずして、膨大な写真のほとんどを、スキャンしてSDカード、パソコンに保存しなおした亡父の作業に、胸が痛むー彼は消えるデータのために、晩年の相当時間を、「残す」という夢を持って、その作業に打ち込んでいたのだから)
 話は戻る。電子データは、メンテナンスしなければ消える。電気がなくても、読めない、使えない。ところが、紙データは、しかるべきところに置いておくだけで、千年も残る。
  最後に残るのは、いったい何なのか?実は、誰も最後を見ることはできないので、わからない。今更のように、 紙データも、大事ということに気付いた。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 ちなみに、この出版日記も、一番最初の2010年9月のデータはUPされなくなっている。10年とかの規約があったのかもしれない。遅ればせながら、やはり、保存しておきたいものは、複数のバックアップを自分で取っておくべきだと気付き、ワードにコピペし、保存を進めている。その過程で、かつての記事を読みなおし、かつての自分に刺激をもらっている感じだ。文章も「読んでこそ」生きる。そういう意味では、ジオシティーズ終了も、現在を見直す良い機会になった・・・ということであきらめよう。
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://kisousya.blog63.fc2.com/tb.php/603-8547c6ce

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

マド

Author:マド
希窓社 代表
希窓社の本

庄野薫

お金をかけずに子どもを勉強させる法

進学校での勉強法‐落ちこぼれる前に読む本‐

藤野光樹詩集
魔法のないファンタジー
6月1日発売。
A5判、104ページ、

(希窓社第1冊目『サイカイ武田泰淳ー作品論と資料で読む』
 好評発売中)

月別アーカイブ

FC2カウンター

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。