FC2ブログ

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://kisousya.blog63.fc2.com/tb.php/592-a972b204

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

お金で買えない価値・お金で買わない価値

 ピョンチャンオリンピックで活躍した高木姉妹の報奨金の話題が、TVのあちこちの番組で聞かれた。4000万円だの6000万円だの、平凡な市民には驚くような数字だ。それが、努力や成果に対して、高いのか安いのか、見当もつかない。しかし、結果として出ているので、世の中が出した評価ということだ。
 昔、オリンピックは<アマチュアスポーツの祭典>だった。アマチュア規定に抵触すれば、オリンピックには出場できなかった。今は、実力があれば出ることができるし、報奨金ももらえる。結果を出して、ニュースキャスターや解説者という就職の道も拓けるし、コマーシャルに出て、報奨金を越える収入を得ることもできる。
 また、昔、家事労働は無報酬だった。しかし、家事の外注が進み、老人介護も、老人ホーム・グループホームなどの施設ができたことで、主婦の労働がどのくらいの価値を生み出しているか、認識されるようになり、家事労働の尊重ひいては主婦の地位の向上につながっていると思う。
 某クレジットカード会社のCMで「お金で買えない価値がある」というフレーズがあるが、結局、その価値はカード(≒お金)を使って買いなさい、と煽っているわけだ。
 人は、価値があると思うものにはお金を出す。価値を認めなければ、お金を出さない=その他人にとって価値がない。とすると、売れない小説家や芸術家、音楽家、研究者は、あまり価値がないのか?いや、そのうち売れるようになるかもしれない、新しい発見の芽を持っているかもしれない。つまりは、今、価値がなくても、将来的に価値が出る、発見されるかもしれない。(これは、他人が「お金で買わない価値」)
 そういう希望があるから、売れない本も出版できる(無理やりのこじつけみたいな落ちで、すみません)
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://kisousya.blog63.fc2.com/tb.php/592-a972b204

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

マド

Author:マド
希窓社 代表
希窓社の本

庄野薫

お金をかけずに子どもを勉強させる法

進学校での勉強法‐落ちこぼれる前に読む本‐

藤野光樹詩集
魔法のないファンタジー
6月1日発売。
A5判、104ページ、

(希窓社第1冊目『サイカイ武田泰淳ー作品論と資料で読む』
 好評発売中)

月別アーカイブ

FC2カウンター

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。