FC2ブログ

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://kisousya.blog63.fc2.com/tb.php/590-6bf9cb3e

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

ネット世界の変質ーネットよお前もか!

 ネット世界を知るようになった10年以上も前のころの感動を思い出す。
 世の中は、なんと善意に満ちていることか。知りたいことをネットで調べれば、タダで教えてくれる人たちがいる!と。
 有益な情報が独り占めされず、皆で共有され、善意の輪は世の中を変えていくような気がしたものだ。昔、国文学を専攻していたが、その時は、資料を独占していた教授が、小出しにして講義を行い、権威を守っているように見えた。そういう、内面的な実力とは無関係なところで人間に差が出る社会は、終わるだろう。なんてすばらしいことか!とわくわくした。
 梅田望夫氏の「ウェブ進化論」も、ネット社会の「善意」ということを強調していたので、その時のワクワクが、あながち間違っていたとは言えないだろう。
 ところが、最近、ネットが「商売の入り口」として使われる傾向が強くなったように思う。気になる言葉につられて、昔のようにネットサーフィンで全容を知ろううとすると「これから先は、有料会員のみが閲覧できるページです」となる。朝日新聞のことだが。最初から載せなければいいが、少し見せて、後は見せない。つり広告のようなものと言えばそれまでだが、ネットの善意が裏切られたような気になる。
 また、5G程度のお試しでクラウドの便利さを知ったら、追加容量を購入しなければ、次は使えない。面倒なことは、物であれば、一回お金を払って一つ買えば、自分の裁量で、長持ちさせたり工夫して節約したりできるのだが、ネットは「月々永久に」払い続けなければ、保証されないということだ。自分のもののようで、自分のものでないというのがクラウド?
 「ブルータス、お前もか・・・・」という言葉があるが、今更のように、ネットの社会も本質的にはリアル経済と大差ないことに気づかされる昨今である。



スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://kisousya.blog63.fc2.com/tb.php/590-6bf9cb3e

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

マド

Author:マド
希窓社 代表
希窓社の本

庄野薫

お金をかけずに子どもを勉強させる法

進学校での勉強法‐落ちこぼれる前に読む本‐

藤野光樹詩集
魔法のないファンタジー
6月1日発売。
A5判、104ページ、

(希窓社第1冊目『サイカイ武田泰淳ー作品論と資料で読む』
 好評発売中)

月別アーカイブ

FC2カウンター

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。