Entries

2017年9月9日ー本の形を取らない情報

 何のための読書か?と考える。以前は、書物に書いてある新しい世界、知らない世界そのものを知ることが面白かった。この年になると、本を読んでも、「果たして本当なのか?」という疑念が湧いてくる。
 書いた人も、自分とあまり変わらない人間で、時には間違うことだってあるかもしれないと思うのだ。
 特に、誰も証明できない日本史、嘘か本当かのわからないような「史実」-仮に嘘でも、現在に影響を及ぼさないような歴史を学ぶより、年金制度とか、政治制度、あるいは世の中を動かしているIT技術の仕組みについて知っておいた方が、よほど、力になってくれるだろう。ありがたいことに、こういう有益な情報は、かつては本の形をとったていたが、今は、ネット上で、本の形を取らない情報として存在する。
 こう考えると、現代人が本を読まなくなったと嘆く必要はない。必要な情報、有益な情報を、ネットから得ているのだろうから。
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://kisousya.blog63.fc2.com/tb.php/585-85a1f965

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

マド

Author:マド
希窓社 代表
希窓社の本

庄野薫

お金をかけずに子どもを勉強させる法

進学校での勉強法‐落ちこぼれる前に読む本‐

藤野光樹詩集
魔法のないファンタジー
6月1日発売。
A5判、104ページ、

(希窓社第1冊目『サイカイ武田泰淳ー作品論と資料で読む』
 好評発売中)

月別アーカイブ

FC2カウンター

検索フォーム