Entries

楽譜の著作権について

 私事で恐縮だが、趣味の合唱団に所属している。

 近年、楽譜は、コピー禁止ということで、メンバーそれぞれが購入する。ところが、中の1曲しか歌わないのに2000円近い曲集を買わなければならないということには、抵抗がある。ならば、1曲からでも数百円で買えるサービスもあるではないか、という意見もありそうだが、合唱曲は、「編曲」によってその味わいが異なる。「この人の編曲」と限定すれば、その曲集にしかない場合もあるのだ。

 あるいは、いろいろな曲(同じ曲でも、編曲の違うもの)を歌ってみて、その中から、全体の練習曲を選ぶ、ということもある。そういう場合、コピーが禁止ということになれば、持っている曲集から選ぶしかないことになり、極めて不自由である。

 おそらく、多くの合唱団は、選ぶ段階ではコピー譜を使い、本格的な練習をすると決まった段階で正規の楽譜を購入するなど、柔軟に対応しているのではないだろうか。また、それが現実的な対応だと思う。しかし、厳密には、それは法律違反ということだ。できれば、「見本として使用する場合」には、コピーが許容されることになったほうが、全体のメリットは大きいと思うが、いかがだろう。



スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://kisousya.blog63.fc2.com/tb.php/569-16c01d75

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

マド

Author:マド
希窓社 代表
希窓社の本

庄野薫

お金をかけずに子どもを勉強させる法

進学校での勉強法‐落ちこぼれる前に読む本‐

藤野光樹詩集
魔法のないファンタジー
6月1日発売。
A5判、104ページ、

(希窓社第1冊目『サイカイ武田泰淳ー作品論と資料で読む』
 好評発売中)

月別アーカイブ

FC2カウンター

検索フォーム