Entries

青空文庫

 熊本地震が起こり、街中が混乱している中「ドコサ?」というタウン誌5月号が送られてきた。熊本の音楽や演劇の公演情報をまとめている雑誌で、年間3000円の会費を払うと、毎月送られてくる。(会費を払わなくても、いろいろなところで無料で手に入れることができる)
 5月号は、公演予定(中止予定も含めて)のみならず、県内の、被災したコンサートホールのレポートが組まれていた。記事の中に、車も通れなかったはずの「益城町文化ホール」の被災状況もレポートされていたのには驚いた。熊本に行って、興味のある方は、是非、一読を。楽器店などに置いてあります。

 ところで、その表紙に、芥川龍之介の「大正十二年の震災について」の一節が載せられていた。その全文を読みたくなったのでネットで調べたら、「青空文庫」ですぐに見つかった。

 今は、夏目漱石も、芥川龍之介の本も、青空文庫で無料で読める。
http://www.aozora.gr.jp/
無料というだけでななく、ネット上で整理・管理されているから、「読みたいときに、すぐに読める」というところがよい。さらに、iPadでよめば、難しい漢字も言葉も、指でなぞってすぐに辞書検索ができ、効率的である。今回の震災で、本をなくした方も多いと思う。
青空文庫は、そういう方々をも勇気づけることができると思う。
 
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://kisousya.blog63.fc2.com/tb.php/565-0f216dda

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

マド

Author:マド
希窓社 代表
希窓社の本

庄野薫

お金をかけずに子どもを勉強させる法

進学校での勉強法‐落ちこぼれる前に読む本‐

藤野光樹詩集
魔法のないファンタジー
6月1日発売。
A5判、104ページ、

(希窓社第1冊目『サイカイ武田泰淳ー作品論と資料で読む』
 好評発売中)

月別アーカイブ

FC2カウンター

検索フォーム