Entries

<iPhoneを探せ>の精度に驚く

 iPhoneを使い始めて3年、まさか<iPhoneを探せ>機能を使うことになるとは思っていなかった。この機能は、誰かに、大切な情報が詰め込まれているiPhoneを盗まれたときのための、用心にあるのだと思っていた。だから、盗まれでもしない限り、活用することはないだろうと思っていたのだ。
 ところが、今朝からiPhoneが見当たらない。どこを探してもない。固定電話でかけても、呼び出し音がしないということは、家の中にないということだ。しかし、朝、目覚ましを止めた覚えがあるのに・・・・。ちょっと出かけた隙に、誰かに持って行かれたのだろうか?その気配もない。
 大事な航空券のバーコード、○○電気のポイントカードも、すでに携帯にしている。今度会う友人たちの電話番号、アドレス・・・・これがなければ、連絡がつかない。待ち合わせには、もはや、携帯は必需品だから。
 ほとほと困って、ふと思い出した。iPad教室で、iPhoneを探せ、というアプリは役に立つ、と習った。それではと、試してみる。
普段、なんとなくiPadの位置情報はオフにしていたが、位置情報をオンにすると、iPhoneは、確かに近くにあった。どのくらいの精度かわからないが、ともかく近くにあるらしい。家の中にないから、外か?と思って歩いてみると、iPadの位置が地図上で動く。ちょっと動いたら、ちゃんと、ちょっと動く。かなりの精度だということが分かった。そこで、家の中を動き回って、iPhoneとiPadの図が重なるようにした。しかし、そこはテーブルで、テーブルの上には何もない。下にもない。狐に包まれたような気がした。
 ため息をついて天井を見上げた。2階?2階は初めに捜した場所だった。けれども、iPadの情報に従って、2階に上ってみると、なんと、クッションの下に挟まっていたのだ。
 音が聞こえなかったのは、ユーチューブを聞く時に、音量を下げていて、それがクッションの間に挟まったので、階下までは届かなかったというわけだ。
~~~~~~~~~~~~
 それにつけても、こういうことを考えた人、また、素晴らしい精度でそれを実現させた人・・・・。便利を先回りしてくれる親切で有能な人たちが次々に生まれているこの世界。 この感動が世界中の人たちと分かち合えるように、全体が豊かな世界になってほしいものだと思う。


スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://kisousya.blog63.fc2.com/tb.php/556-5021d21c

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

マド

Author:マド
希窓社 代表
希窓社の本

庄野薫

お金をかけずに子どもを勉強させる法

進学校での勉強法‐落ちこぼれる前に読む本‐

藤野光樹詩集
魔法のないファンタジー
6月1日発売。
A5判、104ページ、

(希窓社第1冊目『サイカイ武田泰淳ー作品論と資料で読む』
 好評発売中)

月別アーカイブ

FC2カウンター

検索フォーム