Entries

2015年9月6日ーウィンドウズ10にアップグレード顛末

パソコンのOSを、 期間限定で、ウインドウズ10に無料でUPグレードできるという。
 1月ばかり前だっただろうか。ネットでUPグレードを申し込んだ。しばらくして、準備だできたという通知が来て、ダウンロードした。その前から、パソコンの調子は悪かったので、もしかしたら、新しいOSをインストールすることで、トラブルがなくなるのではないかという期待もあった。ところが、最初は、ダウンロードもできない。いろいろやっているうちに、とりあえず、インストールの画面が出てきて、丸1日かかって少し進んだ。が結局「ハードディスクに重大な問題があるので、すぐにバックアップして、ハードディスクを交換してください」という通知が来た。アップグレードどころか、ハードディスク交換をしなければならないことが分かったのだ。ところが、バックアップをしようにも、バックアッププログラムが働かない。また、仮にめでたくバックアップして、ハードディスク交換になったとしても、それからが大変なことは、1代目のパソコン(これは20年位前になる、今のは5だいめくらい?)のときに身に染みている。いろいろなソフトを入れなおさなければならないから。それでも、昔は、ディスクのファイルをインストールすればよかったので、まだわかりやすかった。今は、クラウドや、使用者制限のあるソフトなので、製品番号、暗証番号を入力するという手間もかかる。製品番号の貼られたあの箱はどこにあったか?探し出さなければならない。・・そんなことを思うとうんざりだった。
 そこで、いったん、アップグレードをあきらめることにした。さらに、最悪、ハードディスク交換に至ると思えば、何でもやってみようという気になった。不要と思われるソフトを、コントロールパネル→プログラムのアンインストール画面から、次々に削除していくことにした。今更のようにわかったことは、メモリが4Gしかないわがパソコンに、プログラムは13G以上収納されていたのだ。これがどういうことを意味するか、実はよくわからないが(+_+;)、メモリが「作業台」に例えられることを思うと、やはり、プログラムはせめて8G以下にするべきではないか・・・・と漠然と思う。
 それで、削る、削る・・・・。とにかく、使われていないようなもの。それから同じものでも32BIT版と68BIT版があった場合は、32BIT版のほうを削除していった。かつて使っていた、カメラのソフトや、古いスキャナのドライバー・・・なども。そして、なんとか8Gちょいにした。それだけでも、動きが違ってくるのに驚く。
 ついでに、ファイルも削除していく。趣味の写真などはSDカードに。外付けのハードディスクでもいいようなものなのだが、パソコンと一緒に動いているので、いったん切り離したのだ。
 その結果、あれほど、バグっていたパソコンが、速く動くようになった。これなら、ハードディスク交換はしなくてもいいかな?と思えるほど。重要なファイルは、1個ずつ、バックアップしたので、とりあえず、困ることはない。それで、昨日、ウィンドウズ10アップグレードに再挑戦。ようやく、アップグレードが完了した。
 また、何度か「ハードディスクに重大な問題があるので、交換するよう」という警告は出たが、もう、完全に動かなくなってからでもいいかな、と覚悟を決めて、今は、ほぼ快適に使っている。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://kisousya.blog63.fc2.com/tb.php/551-19d251d2

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

マド

Author:マド
希窓社 代表
希窓社の本

庄野薫

お金をかけずに子どもを勉強させる法

進学校での勉強法‐落ちこぼれる前に読む本‐

藤野光樹詩集
魔法のないファンタジー
6月1日発売。
A5判、104ページ、

(希窓社第1冊目『サイカイ武田泰淳ー作品論と資料で読む』
 好評発売中)

月別アーカイブ

FC2カウンター

検索フォーム