Entries

2015年8月14日ーJANコード更新

 3年ごとのJANコード更新の年にあたるので、継続するなら更新料を払え、更新しないならば、以後、JANコードは使えない、という通知が来た。3年前の更新の年は、その通知が、「出版業」が継続している証拠のようで、いそいそと振り込んだ。
 あれから、また3年が経ったのだ。今回も振り込んだが、前回とはちょっと感覚が違う。「10800円は、高い!でも仕方ないか?」という感じだ。
 そもそも、図書コード(ISBN)と、書籍JANコードの違いを、当初は認識していなかった。セットで考えていたので、アマゾンの販売が「バーコードが必要」ということで、両方を取得した。しかし、アマゾンだけで流通させるなら、ISBNだけで良かったわけだ。年に数十冊しか売れない小小出版社に10800円は高すぎる。 
 それにしても、いわば公的機関に近い図書コード管理センターと、(財)流通システム開発センターが、形としては別組織で、一緒に動いているというのは、どうなのだろう?
 いろいろ、思う所はあるが、せっかく苦労してつくり上げた(?)JANコードなので、今回までは更新料を払い更新することにした。
 

 
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://kisousya.blog63.fc2.com/tb.php/550-c5163f38

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

マド

Author:マド
希窓社 代表
希窓社の本

庄野薫

お金をかけずに子どもを勉強させる法

進学校での勉強法‐落ちこぼれる前に読む本‐

藤野光樹詩集
魔法のないファンタジー
6月1日発売。
A5判、104ページ、

(希窓社第1冊目『サイカイ武田泰淳ー作品論と資料で読む』
 好評発売中)

月別アーカイブ

FC2カウンター

検索フォーム