Entries

2015年1月6日― 電子書籍の時代

明けましておめでとうございます。
昨年は、かろうじて、「藤野光樹短編集1」のキンドル版を出すにとどまった。
今年は、目標3冊、少とも2冊は形にしたい。

昨年末から、キンドルでいろいろ読んだ。「氷点」のつぎは、内田春菊さんの「ファザー・ファッか―」とその続編。センセーショナルにとりあげられたぶぶん的な内容だけはしっていたが、そんな悲惨な状況におかれた少女が、なぜ現在の社会的な成功をおさめること出来たのか、という興味があった。雑誌の対談で、内田春菊さんの著書を思い出したのだった。
 キンドル版になっていたので、すぐに購入することができた。

 今日の新聞で、講談社が、すべての雑誌を電子化することを決めたという記事があった。電子版に慣れると、紙の情報はまどろっこしい、と感じるようになるだろう。希窓社で出している4冊も、電子化することを考える必要があるかも知れない。
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://kisousya.blog63.fc2.com/tb.php/537-1af0e3c7

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

マド

Author:マド
希窓社 代表
希窓社の本

庄野薫

お金をかけずに子どもを勉強させる法

進学校での勉強法‐落ちこぼれる前に読む本‐

藤野光樹詩集
魔法のないファンタジー
6月1日発売。
A5判、104ページ、

(希窓社第1冊目『サイカイ武田泰淳ー作品論と資料で読む』
 好評発売中)

月別アーカイブ

FC2カウンター

検索フォーム