Entries

2014年8月3日―キンドルで、マンガも読めるが・・・。

 以前、ヤフーブックスで、マンガを読んだことを書いた。友人の妹さんが、小学館漫画賞を受賞したほどの方だと言うので、どんな作品なのか、興味もあったからだ。ただ、その時も書いたが、十何巻の漫画を本棚に置く気にはなれなかった。それで電子版にしたが、マンガをキンドルで読む、というのはどうしても無理があると思った。絵が大きいので。それで、場合によってはカラーも可能な、パソコン画面のヤフーブックスを選んだのだ。・・・・にしても、1冊400円以上、16冊あっという間に6000円も使ったのは、何とも言えない気持ちだった。
 ところで、数日前、TVに柴門ふみさんが出ていて、その対談が面白かった。それで、彼女の作品がないかとキンドルで探したら、あった。しかもコミックだという。試しに買ってダウンロードして読んでみたら・・・・。読める。工夫されている。最初は、1ページ全部が表示されるが、さすがに細かすぎて読めない。そこで、読みたいところをタップして読ませる、という具合だ。しかし読みにくい。夫に、そういうと、iPadにキンドルのソフトを入れればいいという。そう言う手もあったのね。
 それで、iPadにキンドルのソフトを入れて、同期したら、簡単に読めた。拡大する必要はなく、画像は鮮明。こんなことなら、最初からiPadで読めば良かったと思った次第。
 キンドルペーパーは、文庫本感覚で、マンガはiPadと使い分ければいいわけだ。それにしても、この電子版漫画というのが曲者で、今回も、あっという間に1200円(1冊400円、全3巻、)使い果たした、ということだ。他愛ない噂話のような内容だったので、軽く読める。そこがいいということなのだろうか。こういう作品が売れている、ということを知ったのは、良かったかな?
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://kisousya.blog63.fc2.com/tb.php/519-223e0d84

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

マド

Author:マド
希窓社 代表
希窓社の本

庄野薫

お金をかけずに子どもを勉強させる法

進学校での勉強法‐落ちこぼれる前に読む本‐

藤野光樹詩集
魔法のないファンタジー
6月1日発売。
A5判、104ページ、

(希窓社第1冊目『サイカイ武田泰淳ー作品論と資料で読む』
 好評発売中)

月別アーカイブ

FC2カウンター

検索フォーム