Entries

2014年4月24日-直観力はサバイバルの鍵

人を説得するためには。専門性や権威が必須である。それは、一般論として通じる。そこを覆すのは、やはり、専門的な見地からの地道な研究や、情報収集が必要で、時には、個人では不可能なほどのエネルギーと資本が必要になる。
 原発が、大多数の人から「危険だ」と言われながら、「安全だ」ということで推進されるのはそのためだろう。

 ところで、もっと身近なところでは、自分なりに一般論や権威といわれる人の意見を疑ってみる余地はある。特に、医療の現場では、それをしないと、命にかかわったり、その後の成長の質に大きく左右されることがある。
 
 マドの時代は、権威を疑うこと、一般論を疑うことを学んでいる。ところが、息子たちの世代は、権威の序列をつけて、そちらに従うという思考回路ができているようだ。
 ところが、権威と言われている人は、ネットを調べれば多数存在するのだ。医学の学説も、異なったものがある。もちろん、そのすべてを比較することができれば、それなりの判断はできるだろう。

 それとは別に、自分自身の直観というものは、案外当たっていることが多い。全体を見渡すとき、一つの経験がら、多くの物事が推察されることがある。経験の応用力とも言うべきものだろう。
 情報が多くなればなるほど、自分自身の感性を磨き、直観力を高めることなしには、流れが速く、次々に対応を迫れれる現代でのサバイバルは難しいと思うこのごろである。
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://kisousya.blog63.fc2.com/tb.php/498-09709972

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

マド

Author:マド
希窓社 代表
希窓社の本

庄野薫

お金をかけずに子どもを勉強させる法

進学校での勉強法‐落ちこぼれる前に読む本‐

藤野光樹詩集
魔法のないファンタジー
6月1日発売。
A5判、104ページ、

(希窓社第1冊目『サイカイ武田泰淳ー作品論と資料で読む』
 好評発売中)

月別アーカイブ

FC2カウンター

検索フォーム